関ジャニ∞「ジャム」名古屋ドーム4日レポ

関ジャニ's エンターテインメント「ジャム」に行って来ました!


大阪の時と同様、今回もQRコードのチケットでした。届いたチケットには、ゲート番号(1・2・3・7・8)と管理番号(A1234の様な、アルファベット1つと4桁の数字の様です)のみが書いてありました。今回私が入ったチケットは、1ゲートH5000番台です。


こちらも大阪同様にQRコードチケットのことを調べている方の統計によると、名古屋ドームでは2・8ゲートはアリーナ席の確率が高いということだったので、今回はアリーナ難しいかなぁと諦めモード。まぁ私は、前回はっきりさせられなかったトロッコやフロートの動きを見たかったので、スタンド席万歳です(笑)1ゲートはバクステ側とも聞いていたので、前回見られなかったところを見られて良いなぁと。まぁ私はファンではないので近くでなくて全然オッケーです。


開演まで30分切るか切らないかの時間でしたが、どのゲートも空いていたように思います。所持しているチケットをスタッフさんに渡し、QRコード部分を機械にかざし出てきた座席の書かれた紙チケットは、普段のチケットの下にされて私達のもとに渡されます。要するに、パッとは分かりません。心の準備をしてチラ見・・・は?5階席?!京セラでも3階席しかないのに!これ、関ジャニの代わりにJUMPが出てもわからんのちゃうかな…と思いながら、とりあえずエスカレーターで5階席へ。2つか3つぐらいエスカレーターに乗ったので、相当高いところに来た気がしました。なんせ5階席…。とりあえず、54通路の入り口へ。あれ?京セラのスタンド上段ぐらいの高さじゃないですか!名古屋ドーム、高さがあまりないのか横アリ系です。(いつも私の中で、横アリ系かガイシ系で判断しています)だだっぴろい?なんとなく緩やかな段差です。


※ここから、ライブの感想やセトリについて書きます。がっつりネタバレ含みます。まだ行っていない方、ネタバレが苦手な方は注意して下さい。また、個人的な感想も入りますので、ご了承下さい。よろしくお願いします。


セトリはこの前書いた、京セラのものと同じです。

MCは今回頑張ってメモを取りました!一言一句ではありませんが、結構書けたかなという感じです。

(全員 渋谷くん 丸山くん 錦戸くん 大倉くん 安田くん 村上くん 横山くん)

「改めまして関ジャニ∞でーす。前行くから」
メインステージからセンターステージへ移動

初めの挨拶と丸山くんのベースについて

「こんにちは!」 「いえいいえい!」 「いえーい!」 「ではでは!改めまして!関ジャニ∞でーす!いらっしゃいませ!一度お座り頂いてよろしいですか、」 「座れ早よ」(前回とは異なり、少し優しめでした) 「早よ座りましょ」 「自由時間ですから、どうぞどうぞ、犯罪以外は何してもらっても大丈夫ですよ」 「少し大阪から時間空きましたんでね、」 「名古屋はいつもクリスマスにやってるから」 「前も年末やもんな」 ?「名古屋で1回やってからの、1回帰ってMステスーパーライブやって…」 「学生の皆さんは、休みですから楽しんでいって下さい」 「丸ちゃん、ベース大丈夫やったんですか?」 「機械トラブルで、音でなかったんです。あいつ(ベース)、たぶん久しぶりやったから緊張してるんやと思うわ」 「やっぱ持ち主に似てくるねんな」 「僕と同じ83年生まれのベースなんですよ」 「同い年なんや」 「今回解禁?のベースなんですけど、案の定緊張してました。あ、あかんわ~言うて」 (NOROSHIで丸山くんがベースを上に持ち上げていたのを真似して笑うみんな) 「まあ、ここまで含めてライブですからね」



MCの時の画面をどう映すかについて

「MCこれ7パラやったらどうなんねやろ。7パラやってよー映像さん」 「7パラって7人映るやつね」 「7人でパラパラ」 「お客さんってどっちが嬉しいねやろな」 「7人でパラパラせーへん?」 「7人全部写っている方がいいのか」 「ちょっと待ってヤス」 (パラパラを踊る数名) 「7パラすることないわ(笑)」 「いや分からんで」 (画面が7パラに、ファン歓声) 「どっちの方がいいですか?」 「どっちが好みですかー?」 「この7パラの方がいいっていう人拍手」(結構拍手)ほぼやん!さっきの1人ずつの方がいいっていう人!(・・・)おらんやん…!」 「ずーっと見てたいってことじゃないですか。やっぱり推しメンがええんやなぁ」 「だって誰かが喋ってるときに、この人がどういうリアクションをしているとか知りたいっすもんね」 「そんなん聞かんでええやんwwwww(何に対してか分かりませんが…)」 「あの人ばっかり喋ってるから、全然誰か映らへんみたいなことあるもんな」 「バランス悪くなるもんな」 「バランス大事やもんな」 「横山くんがなんか言っている時に、笑ってるメンバーとかいうのがやっぱりほっこりするわけですよ」 「いやいやそんなんwwでも、色々なリアクションみたいですよねーって言ってたからなんか恥ずかしーって」 「うわごめん、これ誰もリアクション出来ひんかったわ



月曜から夜更かしでお世話になった方が名古屋ドームにいらっしゃった話

「今日、月曜から夜更かしという番組をやらせて貰ってるんですけど。名古屋の東山動物園の奇声をあげるケイジくん」 「ケイジくん」 「ケイジくんっていう動物がいるんですよ。好戦的になるとギャーという奇声をあげるんです。で、あのマツコさんの写真を見たら凄い欲しがって、仲間だ仲間だみたいな。僕の写真見たら、ぎやあああああって奇声あげたんですよ。もう、動物にも敵とみなされてるんですねきっと。そんな、東山動物園の方から、さっきお手紙を会場の人から手渡しでわざわざ持ってきてくださったんです。なんか、その節は有難うございましたみたいな文章があって、ポストカードも入ってたんですよ。そこにQRコードがあって、読み取ったら、ケイジくんの声が聞けますよって」 「需要があんねや」 「完全に商売始めてるやん!!本日から売り出しましたって」 「QRコードなん?」 「うん、便利な方法」 「すごいね。そういうのライバル視されるんですね」 安「同じ匂いすんのかなぁ」 「本能的になんかあんねやろうなぁ(笑)」 「惑星の猿とか出れそうやもんなぁ」 「猿の惑星な」 「惑星の猿wwwww(笑いながらみんなわちゃわちゃ)」 「惑星の猿ってただの猿やん!」 「いいぞいいぞ安!」 「地球上におるからな」 「安!いいぞー!」
「今自分でびっくりしたわ!」 「逆にするだけでそんな変わるんやな」 「安いいぞー」 「今日ちょうど宣伝見て来たばっかりやのになぁ」



そのままの流れで安田くんの話に

「倒置法多いもんな、最近」 「安ってなんか、すぐに逆になるよな。なんかこの前、去年ぐらい、ノリでやってたのあるやん?(サザエさんみたいな手を動かすフリ)」 「リハの振付の時にね」 「普通ツッコミとしたら、お前サザエさんかい!じゃないですか。サザエか!お前さん!って言うたんですよ」 「お前の方に気ぃ使ってるやん。普段、お前とか言わんから」 「でも安のいいとこ出てる」 「歳取ればとるほど出てくるようになってきた」 「いいわ、好きやわ」 「壊れていくなぁ、なんか安はなぁ。ちゃんとしようとすればするほどなぁ」 「今日朝からトランスフォーマー見に行ってたんやろ?」 「見に行ってた」 「どやった?」 「すごい色んな車出て来てウキウキした」 「wwwww」 「小学生の感想やん」 「大阪の梅田で見た」 「いいぞー安」 「スパイダーマンも公開するもんなぁ」 「8月11日、山の日」 「その日にスパイダーマンが下りてくるねんな」 「ちがうwwwww」 「安、ちょっとだけ考えて喋ろか」 「無理やと思うで」 「8月11日に公開しますよって」 「考えて喋ってもらおう」 「考えて喋ってこれやねんけどなぁ」 「スパイダーマンが山の日に下りてきます」 「名古屋で楽しみなことある?安」 「名古屋で楽しみなこと?そうやなぁ、飯かな。スパイシーな手羽先が好き」 「スパイダーマンに引っ張られすぎちゃう?」 「ツッコミがキレキレすぎますわ」 「みんな思うよな?!」 「今ので思い出した!あのさ、初日の北海道の時にさ、ご飯食べてて2人で安と。スープカレーがあって、席別々やってんけど何を喋るわけでもなく、めっちゃうまいって言ってずっとスープカレー食べててんけど。ケータリングのおじさんいるやん?食べ終わって、そのおじさんところ行って、めっちゃ美味かったすスープカレー、カレー好きなんで本当にご馳走様でした。で、あのスープカレーって、片栗粉入れたら普通のカレーに戻るんですか?って」 「wwwww」 「マジやねん!お店の人も、いやそんなことしたらあんかけになるだけですよって。そしたら、あーそうですかご馳走様でした~って。俺とおっさん気まず!みたいな。なんやあの子みたいな」 「普通に素朴な疑問やったんや」 「変な感じにして、俺残して」 「なんやろな、自然すぎるからな。天然を超えて来てるのかなって、」 「カレーよう作るんでしょ?」 「作るよ。だからカレー作るから、家でスープカレー作るにはどうしたらどうしたらいいんかなって、片栗粉入れへんかったらスープカレーになるんやって思って」 「かたくり粉入れんの?普段」 「うん」 「カレーあんかけにしてどうすんの?」 「そっかぁやって」 「曲とか作ってな、やっぱどっかが秀でるとどっかが欠けるねんな」 「いや欠けてないよ安は」 「特徴やからね」 「もともとこういう関係性…関係性完成系」 「全然ちゃう」 「やばい韻踏み出した、完成系関係性」 「完成系?」 「完成系」 「でも、学生時代めっちゃ勉強できたもんな。中学生の時凄かったんやろ?5教科で500万点中何点やったん」 「500万点中?」 「wwwww」 「めっちゃ多い」 「めっちゃ問題多い。1万点ずつみたいな」 「安に捕まえられるって相当やで」 「すげえ、あほばっかりやん」 「休みを下さい(笑)」 「wwwww」 「500点満点中」 「・・・」 「お前の話や!」 「500点満点中、467点でした」 「すごい」 「そういう過去もありましたね」 「言うても、船舶の免許も持ってるしさ」 「勉強得意やん」 「勉強好きなんすよ。コツコツとノートに書いてやるのが得意なんですよ。書き物も好きやし。覚えるのも好きなんで」 「ただこうね、アウトプットするのは苦手なだけで」 「研究者とかに向いてるんやな」 「台詞とか覚えるときも、ノートに書いて覚えることが多いですね」 「そのノートどうすんの?」 「そのノート、思い出に棚に入れていく」 「wwwww」 「言うてることは普通やねん、言い方やねん。丁寧やねん。“思い出に棚に入れていく(物真似)”って言わんで残してますとかでええやん」 「亮は今ドラマ、台詞どないして覚えてんの?」



錦戸くんの主演ドラマ「ウチの夫は仕事ができない」の話

「僕もうね、めっちゃ早い」 「ツカポンは」 「ツカポンは。なんか覺えやすくなってきた」 「それはキャラクターとか、役が?」 「うん、結局は台詞通りに全然言わへん」 「え?」 「内容だけを自分でブワー入れるだけやから」 「あ、そうなんや」 「全く、一字一句一緒じゃないんですよね。だからばれないですよ、間違えても。台本どおりにはもちろんやるんですけど、でも人の台詞もすぐ覚えるし、ここなんやっけ言うたらアレやアレ言うて、」 「すごいなぁ」 「さあやんは?」 「さあやんの方が天才。もっと覚えてる」 「あぁそう。あれ見てたらええ奥さんやで。できた奥さんや」 「知ってるかな?みんな」 「見てる人は知ってるよね」 「ちゅーしようと思って、オエーって言われたら傷つくわ」 「結局したけどな」 「まあね」 「しかも台本に“オエ”って書いてあるねんか、それをきっちりみんな入れるから」 「wwwww」 「お芝居とはいえちょっとショックやな」 「そうやねん」 「大倉の方がうまいよな、オエは」 「俺があそこでほんまのえずきしたら、日本中がえずくで」 「wwwww」 「だからあのオエが正解やねん」 「なんで俺の話途中で終わらせたん?バッサーって」 「ツカポン」 「ツカポンです。どうせ見たこと1回もないんでしょ?」 「ありますよ、予告は」 「ほら、予告はって言うた。別にいいです。見ていらないです。」 「番線一緒にやってたやん、ほらお弁当企画もやってた」 「唐揚げ」 「そう唐揚げ作ったやつ」 「ストーリーはもう説明してるから次からヨコポンも」 「そうそうそうですね。録ってるんで、ちゃんと」 「もういいよ、そういうの、みんな知ってるよ嘘って(笑)」 「wwwww」 「見ますよ、ほんま録ってるんで」 「huluとかでも見れるから」 「海外でも見れるしな」 「皆さんも良ければ、できるだけリアルタイムで見て頂けると嬉しいです。お願いします」



ドラマ主題歌「奇跡の人」の話

「その歌をね!あのね“奇跡の人”って知ってます?!主題歌なんですけど、yahoo見てたら、男尊女卑がどうたらこうたらって」 「あ!見た」 「あ、そうなんや」 「そうなんすよ、やっぱりドラマってフルコーラス流されへんやん?」 「はいはいはいはい」 「で、最初の方を、なんか2パターン作ったらしくて」 「4話は亮からじゃなくて、俺からやったもんな」 「そう!“若い子見てたら(物真似)”って」 「wwwww」 「今のなんか悪意あるで」 「そこ怒った方が良かったんちゃうか?先に」 「いや似てたで」 「wwwww」 「そうだから、あの歌是非ねフルコーラスで聞いて欲しいなぁって思います」 「でもさださんも、関白宣言の曲出したとき、そういう世の中やって言うてはった」 「そうやねん。だからみんなフルコーラス聞いて?まじで。9月6日に出るんですけどね、歌番組とかでもきっと、っていうか絶対フルコーラスでは歌いません」 「テレビバージョンなるからな」 「そやね。でもここにいる人は、そういう批判してないんじゃない?」 「まぁ注目されてる証拠やしね、ドラマの主題歌でね」 (会場拍手) 「今日はフルコーラスになっております」 「座ったままゆっくり聞いてもらって、男尊女卑の歌なんかじゃないっていうのをこうガッとわかってくれたら嬉しいです。お願いします。まぁ思ってないと思いますけどね」 「ええ曲やけどなぁ」 「いい曲」 「そうやねん。若い子にはわからんのかなぁ」 「わかるよ」 「わかるよね」 「素敵ですよ」 「歌っててもジーンと来るよね」 「じゃあ聞いてみてください。奇跡の人、フルコーラスでお送りします」



奇跡の人が終わったあとは、大阪で流れた映像が流れました。この時間にトイレに走る人が多かったです(笑)


そして、いよいよ後半戦。やはり、目が追い付かないほどメンバーが移動。常に誰かがトロッコかフロートに乗っていて、凄いと改めて思いました。前回よりは、周りを見られたかなと思いますので、分かる範囲でのメンバーの移動を書いていきます。参考程度によろしくお願いします・・・。

B5・B10・B15とC1・C6・C11の間→縦花1
E~H4とE~H5の間とE~H6とE~H7の間→縦花2
B16~19・C16~19の通路→横花
E10・F10・H8・H7側のフロート→1塁側フロート
E1・F1・H3・H4側のフロート→3塁側フロート
C3・C8・C13とC4・C9・C14の間の通路→1塁側通路
B2・B7・B12とB3・B8・B13の間の通路→3塁側通路
アリーナとスタンドの間→外周

  • JAM LADY:メインステージの上から◇こんな形が7個連なった透明のステージで降りて来て、そのままそのステージで降りてきます。
  • 罪と夏~:メインから縦花を歩いてムービングステージへ(水の演出があるのでファンサは難しいかもしれません。また、ここはジュニアも後ろからついて来ます)ムービングステージでバックステージへ
  • DONAI:バクステ、スタンドの方を向いて踊り
  • キングオブ男:ムービングステージが下に下がり、アリーナの方を向いて踊り
  • なぐりがきBEAT:

  • Jr.コーナー:一旦、全員はける。メインステージで1曲。
  • Answer:、3人センターステージ。プロジェクションマッピングのような映像が綺麗でした。
  • ノスタルジア:バックステージに丸山くん、1塁側島に大倉くん、2塁側島に錦戸くん、メインステージに安田くん。安田くん以外の3人は、1/4の大きさぐらいのMSに乗っていて、それがセンターステージに集まります。
  • Sorry:センターステージ
  • WASABI:最後の方でバックステージへ。
  • えげつない:バクステでAメロ。村上くんバクステからセンターステージへ縦花フロートで移動。
  • 1塁側フロートでバクステから1塁側島へ安田くん・横山くん。3塁側フロートでバクステから3塁側島へ大倉くん・渋谷くん。1塁側島からセンステへ横花フロートで安田くん。3塁側島からセンステへ横花フロートで大倉くん。ラップバトルはセンステ。1塁側フロートでバクステから1塁側島へ錦戸くん。3塁側フロートでバクステから3塁側島へ丸山くん。1塁側島からセンステへ横花フロートで横山くん。3塁側島からセンステへ横花フロートで渋谷くん。ラップが終わればセンステにあるソファに座る。1塁側島からセンステへ横花フロートで錦戸くん。3塁側島からセンステへ横花フロートで丸山くん。最後は全員ムビステで踊る。

  • Never~:動画があってから、衣装チェンジしてセンターステージから登場。ここから、前向きスクリームまで全員が動きまくります。
  • ここから1人ずつの動きを書きますが、7人全てを追うのは無理でした…。ここは確実に通っていたとメモ出来たところだけで、たぶん全員どのブロックにも行っていたのではないかと思います。

    大倉くん:1塁側通路→1塁側フロート→1塁側通路→3塁側通路

    安田くん:3塁側通路→横花

    錦戸くん:横花→1塁側フロート→3塁側通路→1塁側通路

    丸山くん:横花→3塁側フロート→1塁側通路→3塁側通路

    横山くん:1塁側通路

    渋谷くん:3塁側通路→1塁側フロート→横花

    村上くん:3塁側通路→1塁側フロート

    こう見るとあまりメモ出来ていませんね…すみません。

  • 前向きスクリーム:センステからムービングステージへメインステージへ

  • 今:メインステージ
  • 純情恋花火:メインステージ。浴衣でみんな出てきます。ジュニアも白い甚平で出てきます。
  • パノラマ:これもほぼメインステージ。
  • ズッコケ男道:大きなトロッコ。1塁側外周、村上くん・渋谷くん・錦戸くん。3塁側外周、横山くん、くん、大倉くん、丸山くん。
  • 青春のすべて:メインステージ



8月4日in名古屋ドーム 関ジャニ∞「ジャム」のライブのレポ・感想は以上です。以前よりは広い範囲を見れたかなぁと思っています。次はJUMP!楽しみです。

「奇跡の人」は男尊女卑なんかじゃないですよね。ぜひ、フルコーラスで!!という宣伝を!

ファンサする気はなくてもいーの?

ここのところアルバムに付きっ切りの毎日を送っていたので、ちょっと休憩。

はてなブログを始めたのは、最近ですがJUMPについて色々と書き始めたのは結構前からです。友達に「いっそのことブログ始めたら?」と言われ始めてみました。知り合いだけが知っているホムペ内でぬくぬくと育ってきましたが、ブログに変えたからと言ってコメントとかもないですし、そんなに変わりは感じません。たまにアクセス数を見て、結構見られてるもんなんだなと驚きます。ネットすごいな…。


たまに、特にネタがない時ホムペからこちらのブログに色々移動させて来る予定です。


ホムペに書いていたことは、あくまでも私のメモ程度の内容です。


面白い記事や、新たな知識を得られる情報なんてものはありません。


また、個人的な感想・意見・偏見がありますので、それを理解して下さる方の自己責任ということで読んで下さいね。


そして、その第1弾が今日。


ファンサする気はなくてもいーの?


今までのライブで「見た」「感じた」「思った」伊野尾くんのファンサ・ファンへの対応についてのまとめです。去年まとめたものなので、Dear.の話が多いです。伊野尾くんのファンじゃない方は、気楽に読んで下さい。伊野尾くんのファンの方には絶望と発狂をお届けします。何度も言いますが、自己責任で読んで下さいね。「伊野尾くんに冷めた」「伊野尾くんをもっと好きになってしまった」「コンサートでの伊野尾くんを見たくなった」というご意見は受け付けられませんので、よろしくお願いします。


また、文章ではなく、箇条書きになります。ご了承下さい。




・とりあえず、常々やる気がないように見える伊野尾くん。


・ファンサをする気はたぶんない。


・爆発的な人気が出る以前からのものなので、人気が出て調子に乗っているとかではない。


・でも、深々お辞儀とかはしなくなったかな。


・綺麗なお姉様にサイン投げてからの、深々お辞儀です。友達に「最近していないね」と言われて、そんなこともあったなと思いました。伊野尾くん、そんな時代もありました。


・唯一頑張ったのは、熱愛騒動後。


・花横の座席にて。友「サインちょーだい」伊「無理(は?みたいな顔で)」友「キレそうやねんけど」伊「(聞こえたのか手のひらヒラヒラ)」


・伊 伊 私 伊 伊←スタトロ最前の座席で、トロッコに乗った伊野尾くん、ファンをガン見するだけで何もしない。


・視線の合わないお手振り。


・なのに何故か顔をガン見されている気分になる。


・近くでみるととりあえず美しい。


・めっちゃ白い。


・たまにめっちゃ笑顔で手振ってる。視線の先には、綺麗なお姉様。


・綺麗な二重なのに、トロッコでは半分閉じてるように見える。(=常々目が死んでいると思う。)


・「フェラーリ好き?」のカンペをガン見。ニヤニヤ抑えた笑顔でお手振り。


・次の2部で同じカンペを見て、体の向きを変える。



・2度目はないらしい。違うカンペで出直してこいってことですね…。


・たまにトロッコで笑ってる。視線の先は、ちょっと面白いカンペ。


・ファンサはする気ないけど、面白いカンペは好きらしい。


・山田くんと違って「ありがとう」「頑張れ」などの温情系カンペには興味がない。


・矢印団扇は見えていない。


・顔団扇もたぶん見えていない。


・アリトロは基本アリーナの通路横2・3列目しか見ない。


・スタトロは1・2列しか見ない。


・アリトロは、超絶上からの伊野尾様が楽しめる。


・そして、こんな対応をされても、なぜかこれが伊野尾慧で納得してしまう。


・要するに、たぶんすごい人。



まあ、今回のライブでの団扇の参考にでもして下さい(笑)参考も何もないですけどね…。




また、このver.の話は山田くん、裕翔くん、薮くん、有岡くん、健人くん、聡くんがあるので、気が向けば更新すると思います。自担は神なので字におこせません。書けません。ご了承ください…。

JUMP 選ばれし9曲たち



選ばれなかった曲への想いを書いてしまったので、選ばれし10曲たちへの想いも書くことにしました。ただ、Viva9だけは別記事で載せることを決めていたので、選ばれし9曲たちです。前回の記事で、ぐちぐち言ってしまったChiku Takuを省いた9曲ではありません(笑)


とりあえず、選ばれし10曲(未収録)

TO THE TOP

トビラの向こう

*Star Time

心・技・体

*愛ing-アイシテル-

*Chiku Taku

*Viva 9's SOUL(2017ver.)

*Romeo & Juliet

太陽にLOVE MOTION

*From.


心・技・体!めっちゃ好きな曲なんです!小学校の習字大会の自由作品で書いて入選したぐらい好きです!(JUMPありがとう…笑)なんかめっちゃ格好良くて、凄いこと言ってそうな歌っぽいのに、よくよく歌詞を聞くと意味が分からんのです。よく分かんない歌詞を格好良く見せてることが凄いのか、もはやそこが未知っぽくて良いのか…。歌っていた本人達もまだ10代で歌詞の意味なんて考えていなかったのか、聞いていた大半も小中学生で意味なんてどうでも良かったのか…。今になって私と友達は「はて?」となってますが、どちらにせよ神曲には間違いないですね。ワンダーランドトレインやトビラの向こうなどは少年倶楽部で結構歌っていたイメージはあるのですが、心・技・体はそんなにないんですよね…。それだけに、なんか貴重な(?)壮大な(?)イメージがあるのかもしれないです。衣装はあの黄色いダサいジャージだけだと思っているので、衣装さんお願いします!!


TO THE TOPを聞くと、何故だか2013年の全国へJUMPツアーを思い出すんですよね…。曲の全盛期(変な言い方ですが)はもうちょっと前だと思うのですが…。2013年の全国ツアーは、JUMPにとってかなり試練のようなツアーだったなと思います。せっかくのドームツアーなのに席が埋まらず、風船で席を埋め、アリーナ席はほぼゼロで特別席を作り、天井席にもステージを作り、東京ドームでは後輩のSexyZoneのFC誕生式を行いました。去年のJUMP単独カウコンの倍率を考えると、今ではありえないですね。でも実際、JUMPにもそんな時代がありました。そんなツアーで歌っていたTO THE TOP。今では、ツアーがなくなったらどうしようとまで思っていたファンの不安を跳ね飛ばし、チケットが取れなかったらどうしようの不安です。もうすぐ”頂点”に届きそうです。ライブで歌われたら泣きそう…


太陽にLOVE MOTION!いやぁ…全っ然覚えてない(笑)ファンサ曲だったイメージがうっすら…。5年以上前のことなんてほぼ覚えていないです。何故か鮮明に覚えているのは、2008SUMMARYぐらいです(笑)その他のライブはうっすら、トロッコで知念くんが来たとか…花道に知念くんが来たとか…そんなことだけです。ということで、この機会に2009-10のDVDを見直しました。見たのも5年ぶりぐらい(笑)…え!みんな若い!!山田くん顔丸い!裕翔くん小さい!知念くん髪長い!全員声が若い!当時はなんとなく物足りなかったはずの内容が、今では「セトリ最高じゃん…(涙)」となっているので、昔の曲ってやっぱり素敵ですね。他の曲に比べて、あまり思い入れはない曲ですが、こうしてDVDで見ていると、好きな曲に思えてくるから不思議です(笑)


JUMP1の名曲と言えば、Star Timeで誰も文句ないですよね!昨年の夏の横アリのMCで歌ったと聞いてホテルで泣きました。何で東京にいるのに、聞けてないんだ!と…(研修旅行でした)。聞きたかった…。デビュー曲のカップリング…デビュー曲より好きです(笑)そして何故か、自分の来て行った服とステージのセットしか覚えていないSpring concert2008を思い出すんです。残念ながら映像化されていない上に、レポを書くなどの知識がなかった時代なので、思い出が改造されている可能性が大きいのですが、知念くんが高いところで歌っていた気がするんです。めちゃめちゃ綺麗な思い出なので間違っていても指摘しないで下さい…(苦笑)とりあえず、私にとって神聖な曲なので、普段あえてあまり聞かないようにしています(笑)これライブで聞いたら泣くなぁ…。伊野尾くんの伴奏で聞きたいなぁ…。圭人のアコースティックギターも欲しいなぁ…。これはライブで歌ってくれると信じているので、妄想が膨らみます(笑)未収録曲でもなく、ファンサ曲でもなく、特に理由もなく選ばれたのはこの曲だけだと思いませんか?上手く言えませんが、ファンになった時はそれぞれ異なるのに、どの時期にファンになった人もStar Timeは入れたのではないかと思うと、JUMPファンで少し一体感を感じられて嬉しいです。


投票曲の中に、トビラの向こうが入っていた時は飛び上がるほど嬉しかったです。もう、聞くことは出来ないと思っていました。デビューコンサートや少年倶楽部で歌っていた映像は見ていますが、ライブで歌ってくれた時のことは残念ながら覚えていません…。今回のライブで歌って欲しいです。そして踊って欲しいです…切実。途中の掛け声(?)が、デビューコンサートは「Hey!→Say!→JUMP→Hey!→Say!」なのですが、少年倶楽部では「Hey!→Say!→Hey!→Say!→Hey!」だったと思うんですよねぇ(笑)JUMPを入れるか否かでこの後の流れが変わります。今回のライブはどうなるのかなぁって!だから、歌ってね…!…確かに、JUMPも当時からのファンも複雑な気持ちにならないことはないと思うのですが、せっかく選抜入りしたことだし…。歌って下さい…ね!!


愛ing-アイシテル-はJUMPがみんなで手を繋いで歌っていたのが、すごく懐かしいです。この曲も投票しようか迷ったのですが…選抜にロミジュリが入るかもなぁと思っていて、似ているのでやめました(笑)今のJUMPが言ってくれる「アイシテル」は色気やばそうですね♡「歌詞」として言っている様にしか聞こえない知念くん裕翔くんの「アイシテル」は必見だなと!そして逆に、めっちゃイケボ「アイシテル」の大ちゃんは、「アイシテル!!」って叫んでくれそう…。(ライブで歌ってくれると信じて)8年の変化が楽しみです♡そしてこの時代、私は知念くんの白い手袋を求めて彷徨っていました(笑)なんとか、知念くんの白い手袋をゲットしたのですが、ゲットしたらただの手袋ですからね…使い道がなくて、今はダッフィにはめています。私のダッフィが凄いことになっているのは、また今度…。


Romeo & Juliet今ではダブルアンコールの定番ソング!「叫ぶ名前は?」「Hey!Romeo!」で今は統一されてますが、当初はファンが自担の名前を叫ぶみたいな感じだったと思います(笑)初めて曲を聴いた時に、これどうなるのかなぁ…と思っていました。10回ぐらい繰り返してくれたら、「Hey!YURI!」や「Hey!DAIKI!」という感じで、みんなの名前を叫んでいくなんてことも素敵だなとは思っていましたが、流石に10回やられる順番間違えそうですし、それは本人達が対処してくれるかな…。でも、曲が全然終わらなくてちょっとくどいかもしれませんね。「Hey!Romeo!」で良かったです(笑)


From.は、やっぱりDear.オーラスで歌ってくれたことが最高でしたね。ダブルアンコールからトリプルアンコールまで、本当に長かったんです。新幹線の時間もありましたし、もう帰ろうと思ってたので、座席から出る直前でした(笑)大阪のMCでは、みんなで仲良く座って歌っていて、それはそれで大好きだったのですが、オーラスのJUMPみんなのメッセージと一緒に聞くと感動しました。知念くんの「好きです」やられた1人です(笑)曲調は、JUMPの最後の曲に歌うようなバラードではなく可愛い感じなのに、泣かせて来る歌ですよね。初めてライブで聞いた時「君と同じ時代に生まれて来た僕らはついてる」の歌詞に「こちらこそ~」と返した友達の声が私の頭の中で響くので、めっちゃ迷惑ですが(笑)今回は、H.our Timeがあるのでどうなんでしょうか…選抜曲の中では、一番ライブのセトリで歌われるか怪しいですね…。またMCで歌ったりするのかな?


最後に、昨日散々言っていたChiku Takuですね(笑)実は、かなり好きなんです。Dear.では、僕とけいとの後にこの曲で、ふわふわ系からいきなり色気あるダンスナンバー。しかも、バンド。裕翔くんのドラムが胸に響いて(精神的なものではなく音です。体感音響というやつです)ライブのあの躍動感溢れる感覚が忘れられないんです。もし今回も歌ってくれるのであれば、光くんファンには申し訳ないのですが、やっぱりバンドでやって欲しいです。裕翔くんのドラムが…とは言えども、バンドはドラムだけじゃ成り立たないので、やはり光くんにはベースをやって貰うしかないのです…。大ちゃんと知念くんがかぶせて歌っているところも好きです。そうなんですよね、結局はこの曲も最高だわ、ライブで歌って欲しいになるんです(笑)



とりあえず「選抜入りおめでとう」という感じでしょうか。でも、某アイドルグループとは異なり、選抜上位からメインで歌われる訳ではないですし、なんならライブで歌われるかも不明という、何とも残酷な総選挙(笑)流石に未収録曲として選抜入りした4曲と新しく収録されたViva9に関しては、セトリ落ちしていたらファンのブチ切れ案件になるかもしれませんが…。まぁそこはJUMPですから、ファンの考えている斜め上のことをぶっこんでくれます。毎回。しかも本人達は「え?なんで?びっくりしてるの?」という感じですからね、一応心の準備をしときましょうね。


雑誌での光くんと山田くんの意見を見る限り、まずトビラの向こうが怪しいですしね…。僕はVampireとかRWM(これ以上アレンジ出来ますか??)とか入って来そうですからね…。アジアツアーで僕はVampireを初めて聴いた時は感動しましたし、なんだかんだで人気の曲なので実際に聞けるのは嬉しいです、絶対。だから、2人の意見を否定している訳ではないのですが…。2人はたぶんメインでセトリを考えてくれているので、シングル以外の過去の曲も入れてね!と。なんなら、デビューコンサートのセトリを持って来て、何度も歌ったUMPやバレーボールとジュニアコーナーの所に、シングルと今迄のツアーのメイン曲を埋め込んでくれたらいいんだよ!という感じですね。(個人的な考えです)

自分で言ってみたものの、今迄のツアーのメイン曲を全部入れられたらこっちも大変ですけどね(笑)舞踏会かと思いきやドライブ!Ready Go!って言っておきながらSUMMRYみたいな(笑)めっちゃカオス(笑)


もちろん最近ファンになった人も多いので、昔の曲ばかり入れられても…と思う方も多いかもしれませんが、10周年なんでやはり昔をひとつずつ辿って欲しいです。そう考えると選抜に2012-2014の曲ががっぽり抜けているのが寂しいです…。そこに僕はVampireが入るならまぁいいか…。いや、パーフェクトライフで山田くんのサックスを披露して頂けたら、新規さんは山田くんのサックス姿を初めて見れるし、古株さんも過去を思い出してみんなが沸けて、パーフェクトじゃないですか?!パーフェクトライフに1票入れます。

まぁこうして、曲を聴いて当時をひとつずつ振り返る機会を与えてくれたので、ベストアルバムを発売してくれただけで有難いことです。ファン投票の選抜曲も、少しでもファンの気持ちがJUMPに届いてくれたのであれば何の曲だっていいんです。10年、短かったなぁと思いつつ、やっぱり長かったなぁとも思います。私はJUMPではないので、”ファンとして”ですが、それでも一緒に10年を過ごせて、こうしてベストアルバムを聴いて色々と書ける思い出は宝物ですね。



選ばれし10曲も、選ばれなかった名曲達も、これからも私の中では永遠の選抜曲です!



100曲以上あるけど(笑)

JUMP 選ばれなかった名曲たちと無名選抜





JUMPのベストアルバム、初回限定盤2に収録されたファン投票10曲についてです。



予想していた選抜曲と、実際に選抜された曲への感想。どちらかと言うと、選ばれなかった曲への想いです。今回は、かなり個人的な感想になりますので、御了承下さい…。





とりあえず、私の選んだ10曲です。(選抜曲)

Star Time

*JUMP Around The World!!!

*BOUNCE

*DREAMER

*Dash!!

*Thankyou〜僕たちから君へ〜

*つなぐ手と手

心・技・体

トビラの向こう

TO THE TOP





今改めて見ると、あれ?って思うぐらい選ばれていませんでした…。泣きそう…。



いや、確かに死票もあったとは思うんです…つなぐ手と手とか、Thankyou〜僕達から君へ〜とか…



選抜入りはしないだろうけど、私の好きな曲を1曲ぐらい入れても良いじゃないかと思って入れたのが、つなぐ手と手でした。2012年に行われた「ASIA FIRST TOUR 2012」が本当に楽しかった思い出があることから、JUMP WORLDのアルバム曲が好きなだけなんですけど…(笑)いやでも、この曲は幻ソングだと思うんです!どのライブDVDにも入ってはいないのですが、ASIA TOURの初日だけ何故か歌っているんです!!いや、逆に何で次の日はセトリから外したの?という感じなんですけど…。知念くんがアリーナ1列目のファンと手をタッチしていくという神曲でした…。これが知念くんとの初タッチで最高の思い出なんです…。これ初日に入っていなかったら、もう、再起不能でしたね。冗談ではないです。そんな感じで、この幻ソングに投票しました。やはり、選抜入りしませんでしたが、分かっていたので落ち込まなかったです。またどこかで歌ってくれると嬉しいなぁ…♡



つなぐ手と手に続き、本当はパーフェクトライフを入れたかったんです。入れたかったんですが、曲を聴きながらJUMPはアルバムを出すのが他のグループに比べて遅かったことや、CDがなかなか出なかったことを思い出して、Thankyou〜僕たちから君へ〜に投票しました。これは、選抜入りどころか、もうライブで歌うことはないと思っています。でも、JUMPが作詞した曲で、初めてのアルバムの曲で…と考えると投票するしかなかったです。友達には「死票」と言われましたが、パーフェクトライフも選抜入りするとは思ってなかったので、まぁいいかなと(笑)





BOUNCEは、少年倶楽部やライブで見てかなり格好良いイメージで、隠れ名曲かなと思って投票しました。JUMPにはあまりないような曲調で、衣装も自分達で選んで着ていたのでまたその時と同じ衣装で歌ってくれたらいいな〜なんて…。でも、2013年の全国へJUMPツアーの時は、ファンがかなり少なかったので、その時のシングルのカップリングが選ばれるのはまずないかなとは思っていました。4年前に比べると、本当に大きくなりましたね…。



ということで、この3曲は選抜入りするとは思ってなかったんです。要するに、他の3曲はするのではないかと思っていました…。




私の予想していた選抜曲(確信順)(選抜曲)

トビラの向こう

*Dash!!

TO THE TOP

Star Time

心・技・体

*DREAMER

愛ing-アイシテル-

*Born in the EARTH

*JUMP Around The World!!!

*Endless Dream





Dash!!が入っていなかったのが1番びっくりしました。裕翔くんが作詞していて、JUMPバンドの曲なんですが…ライブでも結構歌っていたからですかね?歌詞も曲も凄く好きで、ライブでも盛り上がれて大好きな曲です。選抜入りしませんでしたが、ライブで歌ってくれますように…。



DREAMERも入ると思っていました。薮くんが作詞しているこの曲、今のJUMPにぴったりなのではないかと思ったんですけど…なんか前奏から泣けてきませんか??私だけですか??結構、古株さんは入れてるイメージがあったんですけど…ライブでは、ChikuTaku歌うならこれ歌って〜!!ChikuTakuも好きですけど、それはDear.で見られたので…お願いします…。



JUMP Around the World!!!(ジャンアラ)は、まだ日本で歌われたことのない名曲ですよ!なんで入らないの~…「いっせーのぉせぃで」と光くんと裕翔くんが言っているところがなんか好きです(笑)マジパ→カモマイ→FLY→この曲で、JUMP連呼パラダイスメドレーみたいなの面白くないですか??実際にされたら、JUMPもファンもめちゃめちゃしんどいセトリになりますけどね(笑)



あとの2曲は、JUMPのライブなどで思い出があるんですけど…個人的には、そこまで好きじゃない…ので、省きます(笑)また機会があれば、書きます。





まぁ票が分かれたかなぁって感じですよね…。11位〜20位に、DREAMER、Dash!!、EndlessDrem、Born in the EARTH、INFINITYあたりが同じぐらいの票で入っているのではないかと思っています。たぶんそのサブ選抜には、選抜入り出来なかった未収録曲や僕はVampire、Beat Lineもいるのでしょうが…(笑)







実際に選ばれた選抜曲(未収録)

TO THE TOP

トビラの向こう

*Star Time

心・技・体

*愛ing-アイシテル-

*Chiku Taku

*Viva 9's SOUL(2017ver.)

*Romeo & Juliet

太陽にLOVE MOTION

*From.



これは、入選順??なんとなく、入選順っぽいですよね。少なくとも古い順ではないみたいです。上から5曲は予想通り。未収録曲がTO THE TOPとトビラの向こうだけだったらどうしようとドキドキしていましたが、心・技・体も太陽にLOVE MOTIONも入っていて一安心です。自分は太陽にLOVE MOTION入れていないのに…(笑)



そして、知念くんが雑誌で言っていたのと同様、ChikuTakuとFrom.の選抜入りは私も予想外でした。この前歌ったじゃーん!確かに、From.は広島・横浜(秋)・名古屋(オーラス以外)では歌っていないですし、収録が9月の横浜公演だったDVDにも入っていないですし、JUMPが作詞…していなかったけど…。いや、それならThankyouで良かったんじゃない?と思いますけど…。それはそれで違うか…。



Chiku Takuはなんで?! と思っていました。ウィークエンダーやRideWithMe、僕はVampireが入る心の準備はしていたんですが…なるほど!逆にこの前のDear.のライブでの演出からだそうで…1つ目は純粋に、バンドが良かったというもの。2つ目は、やぶひかで始まって欲しいというもの。SNSで結構言われてたんですね、知りませんでした。あー確かに、本当は光くんから始まるのですが、バンドで光くんがベースを弾いているため、ライブでは山田くんから始まったんですよね。



…え?でもCDだったら前と一緒じゃないですか???というか、「ライブでのバンドが格好良かった」と「次は光くんから歌ってほしい」この意見を両方取り入れることって出来るの??Dear.の時に色々考えて無理だったから、山田くんが代わりに…となったのでは?確かに、光くんのファンだったら、光くんから始まるし、Chiku Takuは最高だし、光くんから薮くんへという歌割でやぶひかだ!と、かなり期待すると思いますし、残念な気持ちは分かりますが、それに対して「次は本来の歌割りで!」というのも、何だか山田くんが不憫…というか、んー…「お前は知念くんのファンだから」と言われてしまえば、そうなのですが…あれはあれで、JUMPが話し合ってあの形になったわけですし…。





伊野尾くんの前奏のピアノをはじめ、裕翔くんのドラム、光くんのベースは身体に響いてましたし(振動の方です)、岡本くんのギターも凄くて、JUMPバンド凄いなぁ羨ましいなぁと思っていました。





選抜曲の話からどんどん離れて来ちゃいましたが…JUMPが決めたことなんだから今更グチグチ言わなくて良いじゃん!と思うのです。私が、今回の選抜にChikuTakuが入ってグチグチ言っているように、グチグチ言いたくなることがあるのは仕方ないんですよ!人それぞれ考え方と思いがあるんですから!ただ、それが特定の誰かを傷つけてしまうかもしれないことなら、言っちゃダメだと思うんですよね…。いや、山田くんが傷ついているかは知りませんけどね?ただ、山田くんファンの友達は「山田くんが勝手に取ったわけじゃないのに」と少し悲しんで怒っていました。





ファンのために、色々な演出を考えてくれているのに、その結果ファン同士がもめるのってどうなんですかね。何か違うなぁと。まぁ、キミアトの最後の台詞を突然他メンバーに言われたら「ちょっと待って、話が違う」と私も言っているかもしれませんが…(笑)確かに、Carnivalの「愛よ、僕を導いてゆけ」のDVDを見て、初めのハンカチのところですね、山田くんしか写っていなくて「はて、」とは思いました…ただ、円形だったので9人全員撮るのは出来ないじゃないですか。仕方ないなぁと。そんなことは、この10年間の中にも何度もありましたし、歌割りだって今回が初めてじゃないと思うんです。そして多分、何より本人が1番気にしているんじゃないですかね…歌割りは特に。





まぁ、みんな担当のことを思うあまりの出来事ですよね。でも、SNSでの過剰な発言は誰かを傷つけるかもしれないので、せめてJUMPの内容で発言する言葉には、ファンとして気をつけていきたいなと改めて思いました。



本当はもっと選抜曲について話したかったのですが、Chiku Takuに文字数取られ過ぎましたね…流石、無名選抜入り…やりますね。



今回、かなり個人的な意見を書きました。たまたま目に入ったSNSがかなり過剰だったもので、山田くんのファンの友達が少し怒っていたのもあり、こんな書き方になってしまいました。本来のパート割で歌って欲しいのはもちろんですが、JUMPが考えた演出のひとつなのであれば全然いいじゃん!むしろ、2パターンもあるじゃん!と思ってみてはどうかなと思いました。どのファンも仲良く出来たら最高ですよね!





あ、最後に…Chiku Takuは普通に好きなので、選抜入りにグチグチ言っているわけでは…いや、でもやっぱりサブ選抜で良かったかな!笑

JUMPベストアルバム「I/O」PV鑑賞会②

※①同様、アルバム初回限定盤を見た感想と当時の思い話になります。あくまでも個人の感想になりますので、ご気分を悪くする表現がありましたらすみません。



「カモマイの次は…スパデリ?」「いや、スパデリはさっき見たやん(笑)」「あれ、何だろう…」ここらへんから分からなくなって来ています(笑)カモマイの次は、Ride With Meでした。特番の音楽番組でもライブでも披露されすぎて、逆にシングル曲としてのイメージがなかったです。でもそういえば、山田くんが主演、有岡くんが出演した「金田一の少年の事件簿 獄門塾殺人事件」の主題歌でしたね。久々に見たPV、全体的に格好良い感じなのですが、個人的には知念くんが前髪を上げているのが…。RideWithMeの時のライブモンスターで、伊野尾くんと司会の中村さんの掛け合いが面白かったのは覚えています!ライブでも毎回進化されているので、今年のライブでも披露されるとしたら…期待です♡



当時どうしても、Ariokaにしか見えなかったAinoarika、ここでやっと発売か〜という感じです。オーケストラに赤いスーツ、ピンクの薔薇。格好良すぎるPVですね!!ラップで突然違う曲みたいになるのは面白いですが、それでこそJUMPのシングル曲という感じですかね(笑)まぁ、知念くんは前髪上げてるツンツンヘアーなので、それもちょっと残念ですが…それでもやっぱり格好良いです♡光くんが主演、伊野尾くんが出演した「ダークシステム 恋の王座決定戦」の主題歌!何話か分からないですが、伊野尾くんがここぞとばかりに光くんの顔をベタベタベタベタ触って、光くんはそれに耐えるというシーンは今でも覚えています(笑)ドラマがコメディだったので、ドラマと曲が合ってないような気もしますが…このドラマは本当に面白かったです(笑)



Ainoarikaと一緒に発売された愛すればもっとハッピーライフ。「○○すれば〜もっと〜」が「○○すれバーモント〜」に聞こえるんですよね!バーモントカレーの曲ですから!!このPVは、カモマイ第2弾のような可愛いJUMP♡途中でJUMPがパスタを作り出すところで材料や調理法を少し出してくれているので「これって、作れってことかな?」と友達と話していました(笑)カレーじゃなくてパスタですが(笑)ライブでは、ファンサ曲なので聞くだけでテンション上がります♡



ウィークエンダーの前奏で、突然最近の曲になった気がしました(笑)最近じゃない?と思うのですが、もう3年前。時間が経つの早い…。でも、ここからの流れは完璧です。山田くんが主演、有岡くんが出演の「金田一少年の事件簿 neo」の主題歌ですが、初めてドラマの内容とピッタリだー!となりました。「水・木・金 じゃまだ早い 意味深にきらめいてく土曜夜 日・月・火じゃもう遅い」ここの歌詞を聞いた時に、感激!!めちゃめちゃ土曜日の夜が推されてますが、それもそのはず土曜夜9時からのドラマ!嵐さんのファンの友達に感激したことを伝えると「内容より日時が推されている歌、初めて聞いた」と言われ、それもそうだなとは思いましたが、やっぱりそれでこそJUMP(笑)そして、PVのJUMPが格好良すぎる!!!色気が1つ前の作品と全然違う!!半年で何があったのかなぁ…と思うほどオーラが変わってる気がします。でもこの時期から、個々の仕事が増えましたよね!やはり、グループ活動ももちろんですが、個々の活動も大切なのかなぁなんて思いました。



ウィークエンダーと両A面で発売されたのが、明日へのYELL!!裕翔くんが主演、高木くんが主演の「水球ヤンキース」の主題歌。ドラマの内容と歌詞もばっちり合っていました!久しぶりの応援歌!PVも、知念くんイケメンすぎる!!!JUMPも全員格好良すぎる!全員のビジュアルが最高すぎませんか?!?!ビジュアルも歌詞も曲も最高で、裕翔くんのセンター曲!your seedと並んで1番好きです。「やる前からダメだって 決めつけてるだけで ほら やれない訳じゃない」という歌詞に私自身、何度も励まされました。ライブで聞くと、その時頑張っていたことを思い出してうるっときます(笑)

chau#のPVも最高ですね!知念くん可愛いですし、JUMPもみんな可愛いです♡私の大好きなキャラメルポップコーンのCM曲!「20代の男性がティアラ付けて可愛いってどんな次元やねん」と友達のツッコミにも頷いたぐらい本当にみんな可愛いです♡突然、サンリオのようなふわふわ系のCDになって少しびっくりしましたが、ふわふわ系も良すぎました…JUMPに似合わないものなんてないですね…恐ろしい(笑)



chau#の続きのような、PVもジャケット写真もふわふわ系で発売されたキミアトラクション。愛ingぶりの一人一人の台詞がある、アイドル王道曲♡JUMPは王子様系アイドルだと思っているので、こういう曲は似合ってて大好きです!NEWSファンの友達に「トキメキメリーゴーランドって、どんなメリーゴーランドなん?」と聞かれ「知念くんが白馬に乗ってるメリーゴーランドとか?」と答えて鼻で笑われましが(笑)いや、なんで聞いたんだよ!って感じですけどね(笑)キミアトラクション、私が乗りたいです。USJ作って~!!



夏と言ったら真剣SUNSHINE!好きなPVランキングの上位に食い込んできますよ…JUMPの学ランが見れるんですから!!あんなクラスに1日だけでも…という私の心の声を聞いた友達に「教室に入れないまま1日終わるよ」と一喝されました…。確かに。学ランを着て格好良いJUMPなのに何故か山田くんや知念くんの変顔もがっつり入っているこのPV、何だか今までとはまた違った新しいテイストで、知念くんが金髪でかなり好きです♡盛り上がりやすい、ノリやすい、夏の曲…なのでライブでも歌うでしょう!!歌って下さい!!笑



久しぶりのダンスナンバー!Fantastic Time!発売されるまで、ファタジックタイムだと思っていました(笑)アニメ「タイムボカン24」の主題歌でアニメの内容と歌詞はピッタリ!!やっぱりJUMPはダンスのキレがあり、一人一人個性のある踊り方なのに、それがバシッと揃うのが本当に凄いなぁと思います。横アリ公演で見ても格好いぃ〜と思いましたが、Mステのシックな衣装で見たときは色気が凄かった…♡あと確か、知念くんの登場の仕方が可愛かったんですよね!家族の誰かに録画を間違えて消されて、久々に怒りましたね…犯人はたぶんパパです(笑)



ラジオで初めて聞いた時、ディズニーの曲かと思いました(笑)山田くん主演の「カインとアベル」の主題歌Give Me Love。ドラマの最後に流れて「ひゃ〜続きぃぃ…」と毎回なっていました。めちゃめちゃJUMPの曲!という曲調だなぁと思っています(笑)真夜中のシャドーボーイや瞳のスクリーンなどの、バラードではないですが、怪しげ(?)で切ない(?)独特な感じ!!上手く説明できない…Fantastic Timeに続き、この曲調も久しぶりだなぁと思いました。2016年は久しぶり曲調パラダイス!10周年に向けて色々なJUMPを売り出しているのかな??次の曲は、パラパラ(SexyZoneのチキンバスケッツの私のオキテは結構衝撃…)とか世界の挨拶の歌(何だかんだで、ありがとうも結構トラウマ…)だったらどうしよう…と思っていました(笑)



そんな私の無駄な心配を見事裏切ってくれました(笑)アニメ「タイムボカン24」の主題歌としてOVER THE TOP!発売前からファンにOTTと呼ばれていたので、カップリングにTTT(TO THE TOP)が入るのでは?と友達と話していましたが、入りませんでした。(分かっていましたけどね?)Fantastic Timeと同じで、ダンスナンバーなので、やはり好きですね。彷徨った(?)知念くんから始まりますし!誰から始まっても良いんですけど、知念くんのファンとしては、知念くんが目立つのはやっぱり嬉しい!!シシャモ…じゃなくて、イワシダンスのところが好きです。PVの服がどうしてもUNIQLOさんのヒートテックに見えて、今年の冬にでも裕翔くん薮くんあたりがUNIQLOのCMに出るのではないかと思っています(笑)ないか。



①と②合わせて21曲の曲とPVについての感想と思い出を書かせて頂きました。初めに書いている通り、あくまでも個人の感想です。もちろん、異論もあれば同じ感想を持って下さる方もいると思います。どちらにせよ、ここまで長い文章を読んで下さり有難うございました。



知念くんを好きになり10年、JUMPがデビューしてもうすぐ10年。真夜中のシャドーボーイから瞳のスクリーンの空白の1年半からは、ベストアルバムが発売されるなんて信じられなかったと思います。

曲を振り返りながら、本当に色々なことがあったなと思いました。今やっと、JUMPも9人で安定してきて、彼も新しいグループで前に進んでいるようですね。私たちも、9人でJUMPというのがあまり気にならなくなってはいましたが、こうして昔のPVを見たりすると「帰ってきてほしい…また10人で…」という思いは、デビュー当時からのファンはいつまで経っても無くならないものなのかなと思いました。もちろんそれは、JUMPが1番思っていることかもしれませんが…。それでも、今こうして大きくなっているJUMPを見ると、ファンの心配も周りの心無い声にも負けず、JUMPを守ってくれて、大きくしてくれて「ありがとう」の気持ちでいっぱいです。あともう少しで、JUMPの10周年ツアーが始まります。後ろはあまり振り返らず、常に”ただ前へ”進んで来たJUMPが、少し立ち止まって後ろを振り返り、頑張って来て良かったと思えるライブになればいいなと思いました。





JUMP

ベストアルバム発売おめでとう♡

JUMPベストアルバム「I/O」PV鑑賞会①

7月26日Hey!Say!JUMPの初ベストアルバム「I/O」が発売されましたね!!



今回もいつも通り、発売日にみんな(JUMPファンの友達)で鑑賞会をしました!



f:id:cyurip23:20170729165743j:image



角の座席に座っていた為、見る角度が斜めで写真も斜めです(笑)いつもは、大阪のビックエコーで鑑賞会をしているのですが、今回は私の学校の都合で初の京都のジャンカラ河原町本店!



この部屋はプロジェクタールームで、スクリーンは1つでした。後から知ったのですが、シアタールームというのもあって、その部屋はスクリーンが2つ付いているようです。前回のDear.のDVD鑑賞会は、スクリーン2つにモニター画面も1つ付いていて迫力が凄かったので、それに比べると小さかったですが、まぁ今回はライブではなくPVだったので十分でした。



お値段もプラス料金はなくて、学生会員フリータイムで700円を切りました。カラオケ以外の部屋でもお値段が変わらないところがジャンカラの良いところですね!



※アルバム初回限定盤PVを見た感想と当時の思い出の話をします。悪気はありませんが、あくまでも個人の感想になりますので、ご気分を悪くされる表現がありましたら申し訳ありません。



PVはいつも通り爆音Jstormが流れてすぐに、UltraMusicPower(UMP)から始まりました。



上の写真もUMPのものです。やっぱり、デビューシングルは思い入れが強いですね…。自分で買った初めてのCDがUltraMusicPowerの初回限定盤でした。家まで待てなくて車の中で見たのを覚えています。これが私の宝物だ!!と思って学校にも毎日持って行っていました(笑)そんな時代から、10年が経ち今もJUMPと知念くんを応援出来ていることに、なんだか胸が熱くなってしまいました。鑑賞会開始5秒の話です。



「もう泣きそうや…」という私に「早すぎん?!?!」と友達は爆笑していました。



UMPの次は、Dreams come true。歌詞も音楽も凄く好きです!山田くんの手の振りは癖があるというのを雑誌で誰かが言っていましたので、いつも見ようと思うのですが…やっぱり知念くんを見てしまうんですよね(笑)今年はどこかで山田くんの手に注目して見れたらいいなと思います!PVを今見ると、まだみんなのキャラが定まっていなくて初々しいなぁと思いました(笑)お菓子を食べすぎて衣装が閉まらなくなった当時の山田くん…確かに、今と比べると丸いですね。可愛いです。



ドリカムから、2ヶ月で発売されたyour seed!早かった!まだ小さかった私ですが、当時から金欠(笑)この曲、JUMPの歌の中で1番好きです!!PVもかっこいいですし!!your seedはディズニー映画「カンフーパンダ」の主題歌。カップリングには、お台場合衆国の主題歌(?)に選ばれた「冒険ライダー」どちらも今も大好きです。SUMMARY2008とお台場合衆国に行った時、曇りのち雨だったからか曲のイメージは曇りなのですが…(笑)この時のMステは、サマリーで披露するような演出もしてくれて、凄く楽しかったです。間奏のS字移動のところで「1番小さい僕が1番動かなくちゃいけない」と言っていた知念くんもかなり身長が伸びたはずなので、もう余裕なのかなぁ…なんてことも考えていました(笑)同じフォーメーションが無理なのは分かってはいるのですが、ほぼ同じフォーメーションでもう1度見たい…ライブに期待です…♡



JUMPの冬の曲と言われると、どうしても真夜中のシャドーボーイを思い出します!ドラマ「スクラップティーチャー」の主題歌。ドラマの内容と歌詞が合っているのかは置いといて…(笑)今思うと、ドラマのメンバー豪華すぎる!!JUMPから裕翔くん、山田くん、有岡くん、知念くん。今のSexyZoneから健人くん、風磨くん。イケパラならぬジャニパラ(笑)有岡くんがまだイケメンキャラだったり、健人くんがまだ王子様キャラではなかったり…。(内容は何とも言えないですが)今のキャラと比較して面白いドラマだなと思います(笑)発売されたのは10月ぐらいでしたが、歌番組のクリスマスSPや年末SPでよく歌われていました。MステのクリスマスSPで外の会場で赤い衣装を着て歌っていた記憶が鮮明に残ってます(笑)9年前の話なのに…当時の衣装を再現!なんて夢の話ですかねぇ…(期待)。



一緒に鑑賞会をした友達とは、2008年に出会っているので、「この曲のうたばんでは…」「SUMMRY2008の…」「この時のMステは…」など、いつもは思い出せなかったような小さな思い出話にも花が咲きました(*´꒳`*)

前回の真夜中のシャドーボーイから1年半…JUMPはCDをもう出さないのだろうか…とファンが不安になっていたところ、山田くんの主演ドラマ「左目探偵eye」の主題歌として瞳のスクリーンが発売!嬉しいより、安堵感の方が強かった…(笑)今、PVを見たらみんなめっちゃ髪長いですね。若い…。そして、やっぱりあのPVの内容は良く分からない…(笑)侍なんだろうか…でも、ドラマは探偵…。歌詞はドラマと合っているのになぁ…。



その後はJUMPのスペシャルソング「ありがとう」〜世界のどこにいても〜!…PVを見た覚えがない私…家にCDは全部揃っているのですが、時間が経ちすぎましたね(苦笑)PVを見た覚えはありませんが、フリと掛け声(合の手?)は完璧でした!この曲に関しては、久々に聞いたら歌詞はほんまに意味わからんな〜って思いましたが、ライブで歌ってくれるのは楽しいので好きです(笑)当時、知念くんはグラシアスが好きだと言っていましたが、今はどうなんだろう…このPVも良く分からないですが、もっと宇宙服を着ていたイメージがありました。何で見たんだろう…気になる…。



そして、忘れられないOVER。友達もここでは流石に「凄く辛かったの思い出す…」と言っていました。メンバーの活動中止は、当時の私達にはかなり衝撃的でした。ほとんどの歌番組でJUMPの出演がカットされ、出演してくれた番組でも画面の半分がイラストで消されている…これからJUMPはどうなってしまうんだろう。元々あった応募特典(JUMParty・クリアファイル)に加えて、発売日後日に特定店舗でのCD購入者へのポスターのプレゼントが追加され、普段なら買わなかったと思いますが、彼のファンの子に「これが最後のCDになるかもしれないんだね…」と言われTSUTAYAへ走った思い出も。なんとなく他の曲に比べて暗いイメージがあるのは、そんな思い出があるからなのかなぁ…。最近では、ライブでも歌われてなかったにで久々に聞いて、みんなで色々思い出しました。OVERのポスターは今でも部屋に飾っています。今年のライブでは歌うのかなぁ…。ある意味JUMPに欠かせない曲だとも思うので、個人的には歌ってほしいです。



OVERからMagicPower(マジパ)は3ヶ月で発売という、JUMPにとってはかなりのスピード。このタイミングで2008年レベルのスピード…。知念くんと山田くんが日本語吹き替え版で声優として出演した「スマーフ」の主題歌ということもあり、ファンも納得ではあったものの一部のファンからは9人なんてJUMPじゃないという声もありったりと…JUMPもかなりきつかった曲だったのかなぁと、今更ながら思います。ジャケット写真が、森の中で9人が座っているから彼を意識している、という話もファンの中ではありました。実際、その真偽は分かりませんが…スマーフだからたまたま森の中だったのでは…と私は当時も今も思っています(まぁ色んな捉え方があって良いですよね!)PVでは、初のJUMPバンドに初のJUMP担当カラーの衣装、ダンスも可愛くて明るいので大好きです。Dear.のライブでは、アンコール曲(ファンサ曲)だったので、今は変にドキドキしちゃいます(笑)次のライブでも歌って欲しいですが、アンコールだと掛け声がなかなかないので、アンコール以外でお願いしまーす♡笑



「 マジパの次って何やっけ〜?」「カモマイ??」となっていましたが、その間に1曲出ていました(笑)山田くん主演、裕翔くん出演ドラマ「理想の息子」の主題歌、SUPER DELICATE(スパデリ)。これも…ドラマの内容と歌詞が合っているのかは置いといて…(笑)何だか最近の曲な気がするのに、5年半も前なんですね…怖い。このPVは、みんなスーツが似合いすぎて…裕翔くんの手足が長すぎて…ランウェイを歩くモデルさんじゃないですか!って感じですね(笑)私は、ブルーのキラキラ衣装で歌っているイメージが凄いあるので…こんなPVだったのかと思いました(笑)



スパデリの次が!大大大好きな曲!Come On A My House!!!知念くんの曲だと勝手に思っています♡(他のファンの皆様すみません…)そして、2013年の「全国へJUMPツアー2013(矢印魂)」のライブの日の1日がたまたま私の誕生日だったのですが、めーっちゃ良い席で知念くんとハイタッチ出来たという思い出の曲でもあります♡というか、矢印魂は最高の誕生日プレゼントこの歌(カモマイ)何度歌うのだろうか…と思ったことしか覚えてないぐらいです。1公演で振付を完璧に覚えさせてくれました(笑)そして、PVめっちゃ可愛いですよね!わんちゃんもJUMPも♡知念くんのスーツ姿は会社員というより就活生でしたが、あんな家に住めるなら、私が掃除も料理も洗濯も何でもする!!と友達と話していました(笑)ライブに行った回数を数えてみたら、結構「Come On A My House!!」と言われていると思うのですが、まだ行けたことないなぁ…(´・ω・`)なんて思ったり(笑)今年も知念くんに「Come On A My House♡」が聞けますように…♡



こんなにしっかりと1つずつ書くつもりではなかったのですが、何だか長くなってしまいそうなので10曲目ということでここで区切ります…(笑)ずっと一緒に応援して、一緒にコンサートに行っている友達とこうしてPVを見て、思い出話が出来て幸せだなぁと実感しました♡



もし良ければ続きも読んで頂けると嬉しいです!まぁ続きも私の思い出話と感想だけなのですが…(笑)当時ファンだった方は「そんなことあったあった!」と一緒に思い出して頂ければ…当時まだファンでなかった方は「そんなことあったんだぁ!」と思って頂ければ光栄です。



映画「忍びの国」&コラボツアー


※ネタバレはほぼありません。


映画「忍びの国」を見るついでに!忍びの国とコラボしているお店やジャニーズショップを巡るツアーを大野くんファンの友達としてきました!(少し前なのですが…)


嵐の大野智さん主演、石原さとみさんや鈴木亮平さん、伊勢谷友介さん、平祐奈さん…と、今人気の俳優さんばかり。もちろん、私の目当ては知念くんです…♡


「大野くんのバックで踊りたい」「大野くんと共演したい」とずっと言っていた知念くんが映画で大野くんと共演することになり、ファンとしても凄く嬉しかったです。


また、中村義洋監督は、大野くんの前回の映画「怪物くん」(私は知念くんファンとして、知念くんの憧れている先輩を見に行きました!笑)や、関ジャニ∞の錦戸くんが主演だった「ちょんまげプリン」(こちらは、姉に連れられて見に行きました!笑)の監督でもあり、内容はコメディなのに最後はなんだか感動してしまう…という映画のイメージがあり、今回の忍びの国も凄く楽しみでした!

映画の内容は後ほど少しだけ感想と一緒に。


まずは、今回「忍びの国ツアー」で巡った場所を紹介していこうと思います!


まず、一発目は京都の新京極通りにある、「NINJA KYOTO 忍宴乱舞」というスイーツバイキングです。お店の雰囲気はもちろん、店員さんの格好が忍者だったりと雰囲気も楽しめます。私達以外は外人さん観光客がほとんどでした!(やはり、忍者は日本の文化のイメージなのでしょか…)スイーツバイキングですがカツサンドや唐揚げ、うどん・中華そば・そばの麺類、お寿司などもありました。スイーツは味も美味しく、クレープやシューアイス、プチケーキ、お餅系などの和菓子系など種類が豊富でした!

そして…

f:id:cyurip23:20170729165426j:image

忍びの国とコラボの「忍びの国カップケーキ」も食べられました!プレートの下はティラミスのようなカップケーキです。


90分間、次のツアー会場について喋りながら(大野くんファンは嵐さんのドームツアー、私はJUMPのアリーナツアー)めーっちゃ食べました(笑)そして、お会計時にオリジナルクイナしおりを頂きました!(写真は後ほど)お店の中も外も「忍びの国」のポスターや雑貨が展示されており、グッズも少し売っていて、お腹も心も満たされました♡

そして、京都から大阪へ…


TOHOシネマズ梅田に到着。ここさけの健人くんがお出迎えしてくれました(笑)心が叫びたがってるんだ。も早く見に行きたいですね♡誰か一緒に行ってくれないかなぁ…なんて思いつつ、シアター内へ。スクリーン2なので、かなり大きい画面!最高でした!(映画の感想は後ほど…)


映画が終わり、とりあえずジャニーズショップへ。JUMPの写真が出たばかりだったので、付き合って貰いました!アルバムの写真ではなく、Precious GirlとAre You There?の写真でしたので、とりあえず4枚ほど購入しました!(写真はケースに入れやすいので4の倍数と決めています)白いスーツに黒のサングラス!みんな格好良かったです!友達は大野くんだけでなく、二宮くんの写真も購入していました。確かにその写真の二宮くん格好良すぎでした…嵐さんやっぱり大人格好良い…


京都からわざわざ大阪で映画を見に行ったのは、ジャニーズショップに行くため!ではなく…

ハンズカフェに行きたかったのです!サンリオなどのキャラクターとのコラボカフェはイメージがつくのですが、映画とのコラボってどんな感じなのかな…と。


カフェ中に忍びの国のパネルが!!店内のパネルの撮影は禁止だったので写真は撮れませんでしたが、あらゆるところにパネルがあって面白かったです。私たちは、織田信雄(知念くん)のパネルの前に座りました♡写真が撮れなかったのは残念でしたが、コラボ商品を注文してすぐに、プレゼントの団扇を頂けました!(写真は後ほど)私が食べたのは「和風パフェ〜黒みつ&きなこ〜」ボリュームも結構あり、とても美味しかったです!友達は、「お国ちゃんのラズベリーソーダ」を飲んでいました。ラズベリーの酸味が効いていたみたいで、少し酸っぱ甘かったようです。コラボしていないメニューも美味しそうだったので、また普通に行きたいです。


食べたパフェと共に、忍びの国のパンフレット、映画のチケット、ハンズカフェで貰ったプレゼントの団扇、NINJAで貰ったクイナのしおりです。

忍びの国ツアー、心も身体もお腹いっぱいになりました!

※ここから、ネタバレにならない程度の感想になります。

コメディだと思って見ていたので、突然の迫真の知念くんの演技に凄く驚きました。半年前の金メダル男とは、また違った角度から見られた気がします。怒ったり、泣いたりなど普段は見られないような知念くんの表情や演技を見られて嬉したかったです♡また、ずっと面白い動作や発言、格好良いパフォーマンスをしていた大野くん演じる無門には、最後のシーンで泣かされました…こんなに、切なくなる話だなんて聞いてない…。大野くんと知念くん以外にも、伊勢谷友介さんが格好良すぎて、惚れかけました(笑)若い信雄(知念くん)に怒るところも守るところも本当に格好良かったです。鈴木亮平さんは、ご自身でもおっしゃっていた最後の大野くんとの対決が機敏で繊細な動きと迫力で引き込まれました。(このシーンに3日間…凄い。)

時代劇でコメディだったはずなのに、こんなに感動するのか…と思いました。見に行って良かったです!DVDが出て欲しいです…♡

勉強の中でも社会、特に日本史ががかなり苦手だった私ですが、今回の「忍びの国」もそうですし、知念くんが「必殺仕事人」や「超!高速参勤交代」の時代劇に頻繁に出演するので、歴史を少し勉強するようになり、やっと楽しめるようになって来ました。もう少し早く出演してくれていたらなぁ…なんて思ったりも(笑)

素敵な映画はもちろん、美味しいスイーツやカフェなどを知ることが出来て、グループを超えて大野くんファンの友達と遊ぶことなんてあまりないので、今回めぐれて楽しかったです。また機会があればやりたいです!

知念くん、大野くんと初共演おめでとう!!

【スポンサーリンク】